いもち病抵抗性品種の育成(83)

いもち病抵抗性品種の育成(83)

課題番号1994002382
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関岩手農試
研究期間継S26〜H99
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題社会的ニーズに対応した高品質・安定多収品種の開発
中課題高品質・安定多収稲品種の開発
小課題いもち病抵抗性品種の育成(83)
摘要59組合せの交配、40組合せの雑種集団の養成を行い、個体選抜では12組合せから1216個体、系統選抜では1668系統から207系統を選抜した。さらに、これら育成系統の特性検定及び生産力検定を行った。新たに育成した地方番号系統は、中生でいもち病圃場抵抗性が強く、多収、良食味の奥羽351号と、早生で耐冷性の極強い奥羽352号である。配布中の系統では、いもち病抵抗性及び耐冷性が強く良食味の奥羽341号、346号の評価が高かった。このほか、いもち病に関してトヨニシキ程度の圃場抵抗性であれば、多発条件で、抵抗性の弱いササニシキに3回の薬剤散布を行うのと同等の効果があることが明らかになった。
研究分担水田利用・稲育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045750
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat