小麦新品種の育成試験(132)

小麦新品種の育成試験(132)

課題番号1994002386
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継S25〜H99
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題社会的ニーズに対応した高品質・安定多収品種の開発
中課題高品質・安定多収麦品種の開発
小課題小麦新品種の育成試験(132)
摘要北東北に適する耐寒雪・良質・多収品種を育成するために、難穂発芽性、低アミロース、良質蛋白組成をもつ日本及び外国品種を用いて77組合せの交配を行った。F2世代以降の系統は系統育種法及び集団育種法で選抜が行われた。5年産は小麦縞萎縮病、穂発芽、粒外観品質について選抜を強化した。系統適応性試験及び特性検定試験の結果、それぞれ優れた特性を持っている4系統を新配付系統とする。その系統の特徴は以下の通りである。東北199号は長稈であるが早生で、耐寒雪性に優れ、多収である。東北200号はナンブコムギにγ線照射で育成された系統で、ナンブコムギをやや短稈多収化した系統である。東北201号は軟質、東北202号は硬質コムギで、いづれも穂発芽には弱いが、麺色が優れた高品質系統である。各県の奨励品種決定試験用に配付された。
研究分担作物開発・麦育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045754
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat