大豆の高11Sタンパク品種の開発(143)

大豆の高11Sタンパク品種の開発(143)

課題番号1994002398
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H03〜H12
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題社会的ニーズに対応した高品質・安定多収品種の開発
中課題高品質・安定多収大豆品種の開発
小課題大豆の高11Sタンパク品種の開発(143)
摘要4年度に得られたα欠失系統を圃場に栽植し、生育及び品質特性を調査したところ、α欠失性に伴う生育異常はみられず、元系統の刈系434号とほぼ同様に生育した。また、α欠失系統×スズユタカ等のF2種子をSDS電気泳動法により分析し、αの有無についてカイ2乗検定したところ、α欠失性が1対の劣性遺伝子により支配されていることが明らかとなった。β欠失変異の探索は4年度に放射線を照射して得られたM2種子約5,000粒についてSDS電気泳動法により分析した結果、新たに2粒のα欠失種子を見出したものの、目的とするβ欠失変異は見出せなかった。高11Sを目標としたF1〜F6世代12組合せについては高11Sを確認しつつ世代を進め、さらに、α欠失系統を母本とした新たな交雑を11組合せ行った。
研究分担作物開発・大豆育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045766
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat