シストセンチュウ抵抗性品種の育成(145)

シストセンチュウ抵抗性品種の育成(145)

課題番号1994002400
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題社会的ニーズに対応した高品質・安定多収品種の開発
中課題高品質・安定多収大豆品種の開発
小課題シストセンチュウ抵抗性品種の育成(145)
摘要葉色退化を利用したシストセンチュウ抵抗性の簡易検定法を開発するために、線虫汚染圃場及び非汚染圃場において、葉色及びシスト着生数を調査し、その関係をみた。その結果、葉色は抵抗性品種では汚染圃場及び非汚染圃場において同じように推移したのに対し、感受性品種では圃場間で大きく異なる時期があり、汚染圃場で低い傾向を示した。しかし、葉色は抵抗性の有無にかかわらず濃い品種、淡い品種があり、また、土壌条件等による葉色への影響も大きいことから、葉色退化を利用した抵抗性検定は困難と思われた。抵抗性品種の育成に関しては新たに3組合せの交雑を行い、205粒のF1種子を得た。
研究分担作物開発・大豆育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045768
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat