新形質桑椹用品種の育成(151)

新形質桑椹用品種の育成(151)

課題番号1994002410
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関蚕昆研
研究期間継H03〜H12
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題社会的ニーズに対応した高品質・安定多収品種の開発
中課題環境耐性・多回育対応型桑品種の開発
小課題新形質桑椹用品種の育成(151)
摘要4年に育成した実生苗約290本を圃場に植付けたが、6〜9月の低温・日照不足で秋末の枝条長は50〜70cmであった。多椹性4倍性品種・系統及び白椹種など特徴ある品種・系統を用い常法により交配し大島桑(4x)×みなみさかり(4x)ほか14組合せで1400個体の成苗を得た。これらの成苗のうち大唐桑×大島桑、トルコ2×大島桑及びフィッグマルベリ×大島桑の組合せは枝条伸長が極めて良好であった。また、これらの成苗のなかには、白椹を母本とする3組合せ298本が含まれる。インドから導入した超巨大椹の着生するナガミグワ、信州大学から取寄せた白実桑等特徴ある多椹性品種・系統の接木による増殖を行い、ナガミグワは穂木が乾燥気味で接木活着が悪く再増殖を行うが、他は目標の苗木を得た。
研究分担畑地利用・養蚕研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045778
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat