ダイズ葉腐病菌菌系の特性解明(59)

ダイズ葉腐病菌菌系の特性解明(59)

課題番号1994002441
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題やませ気候の利用・克服技術の確立
大課題やませ気候下における生物反応機構と環境要因の解明
中課題病害の発生動態とそれに関わる環境要因の解明
小課題ダイズ葉腐病菌菌系の特性解明(59)
摘要ダイズ葉腐病のRhizoctonia solani担子胞子感染に関与する菌系は、既知の菌系との菌糸融合試験、チアミン要求性及びリボゾームDNA等の解析結果から、菌糸融合群AG−2内の新しいサブグループであることが判明した。これをR.solaniAG−2−3と命名した。本菌系はR.solaniの中では低温性であり、ダイズに葉腐病を起こすほか、各種のマメ科作物に対して病原性が強く、出芽前や出芽後の立枯を激しく起こす特徴があった。本菌系はこれまで岩手、宮城、福島県で発生が確認されたことから、その分布範囲は広いと見られた。本研究成果は、Rhizoctonia属菌による新発生病害の的確な診断・同定に役立つ。また、本菌系を簡易に長期保存する方法を開発した。成果の受渡し先:5年度成果情報。
研究分担地域基盤・病害生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045809
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat