低温出芽性の生理生態学的解明による検定法の開発

低温出芽性の生理生態学的解明による検定法の開発

課題番号1994002451
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関生物研【中村保典】
研究期間新H06〜H09
年度1994
研究問題やませ気候の利用・克服技術の確立
大課題生産環境の管理技術及び地域資源利・活用技術の開発
中課題農業気象災害の軽減・克服技術の開発
小課題低温出芽性の生理生態学的解明による検定法の開発
摘要寒冷地における直播栽培では、低温下における出芽苗立ちの不安定化が重要な課題となっており、高出芽性品種の育成が強く求められている。本研究課題では、低温下における出芽の生理的機構を、酵素レベルを含めた解析を行い、低温出芽性に優れた育種素材の選抜に必要な効率的検定法の開発を図る。6〜8年度は外国稲を含めた遺伝資源の評価を行い、品種による低温への反応の違いを、種子貯蔵物質の分解等にかかわる各種酵素の活性との関係から生理的に解明する。8〜9年度に、それらの結果をふまえ、生理・生化学的手法を利用した検定法を構築する。
研究分担水田利用・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045819
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat