地域特産作物の栄養系大量増殖のための発根・順化法の開発(77)

地域特産作物の栄養系大量増殖のための発根・順化法の開発(77)

課題番号1994002461
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題やませ気候の利用・克服技術の確立
大課題生産環境の管理技術及び地域資源利・活用技術の開発
中課題地域資源を有効利用するための環境制御技術の開発
小課題地域特産作物の栄養系大量増殖のための発根・順化法の開発(77)
摘要栄養系増殖の困難なエゾ系リンドウを用いて、挿し木発根と挿し穂増殖に有効な環境制御法を検討した。通常の霧処理や水挿しに比べて、挿し木床をべたがけ資材で被覆し、初期のみ霧処理する方が、挿し木の発根率が高く、発根ホルモンとの併用で90%以上の発根率を得られることが判明した。この方法はニンニクやシオデの組織培養苗の発根・順化にも有効なことを確認した。挿し穂を効率的に増殖するための手法として、湛水田に高さ約20cmに設置した籾がら培地による栽培が有効であり、慣行栽培に比べて3〜5倍の数の越冬芽を得ることができた。6年度はリンドウ挿し木苗の越冬芽形成について検討する。
研究分担地域基盤・環境制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045829
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat