ハイドロポニクス汎用作物生産施設の開発(248)

ハイドロポニクス汎用作物生産施設の開発(248)

課題番号1994002476
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関総研1
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題寒冷地大規模水田農業における環境保全型高生産性技術の開発
大課題大規模水田営農に対応した高度機械化生産技術の開発
中課題機械作業・施設の高度化・システム化技術の開発
小課題ハイドロポニクス汎用作物生産施設の開発(248)
摘要ハイドロポニクス育苗装置における水稲苗の育苗条件の解明および本装置で育苗した水稲苗の水田移植試験を行った。■ハイドロポニクス育苗装置を用いて、主として養液の肥料濃度を変えて水稲苗の生育を調査した結果、木村氏B液組成を1/3から1/4に希釈した濃度で育苗しても苗の生育への影響は少なかった。しかし、生育した苗の乾物重は通常の土で生育した苗と比較して小さくまた葉色も若干薄く、良質水稲苗を育苗するためにはさらに育苗条件の検討が必要である。■本装置で育苗した水稲苗を水田に移植して生育を調査した結果、育苗直後小さかった乾物重は幼形期に従来の土付き苗と同等となり、収穫時には収量や収量構成要素に差はなかった。
研究分担地域基盤・施設工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045844
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat