稲こうじ病の発生生態の解明(94)

稲こうじ病の発生生態の解明(94)

課題番号1994002487
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題寒冷地大規模水田農業における環境保全型高生産性技術の開発
大課題水田における病害虫の効率的管理技術の開発
中課題水田病害の発生生態の解明と制御技術の開発
小課題稲こうじ病の発生生態の解明(94)
摘要東北地域において近年しばしば大発生している稲こうじ病の発生生態の解明及び防除技術の確立を目的として、病原菌の伝播様式とイネの品種抵抗性について検討した。本病の第一次伝染源としては、厚膜胞子と菌核があり、その発芽様式などの分析により東北地域においては厚膜胞子が伝染源として重要であることを明らかにした。また、日本稲及び外国稲約70品種の抵抗性検定を行い、イネには本病に対する品種抵抗性が存在することを初めて明らかにし、その抵抗性が葉鞘内への菌の侵入に対するものと籾内への菌の侵入に対するものとに分かれていることを解明した。残された問題点として本菌の稲体への感染過程の組織解剖学的解明及び本病抵抗性品種育成の道を開くための抵抗性遺伝様式の解明などがある。
研究分担水田利用・水田病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045855
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat