稲・麦病害に対する新殺菌剤の作用特性に関する研究(97)

稲・麦病害に対する新殺菌剤の作用特性に関する研究(97)

課題番号1994002490
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題寒冷地大規模水田農業における環境保全型高生産性技術の開発
大課題水田における病害虫の効率的管理技術の開発
中課題水田病害の発生生態の解明と制御技術の開発
小課題稲・麦病害に対する新殺菌剤の作用特性に関する研究(97)
摘要東北地域において最重要病害である稲のいもち病について、安全で効率的な防除法の開発が要望されているので、新しく開発された殺菌剤について作用特性を明らかにし、有効適切な使用方法を検討した。新薬剤B−506MFLの葉いもち及び穂いもち防除効果は、対照薬剤のビームゾルと比べ同等かやや劣るが、実用性はあると思われる。また、B−505FLの葉いもち及び穂いもち防除効果は、1,000倍では対照薬剤のビームゾルと同等以上、2,000倍では同等であり実用性は高いと思われる。成果の受け渡し先:委託者に成果報告書を提出し、薬剤登録のための資料となる。
研究分担水田利用・水田病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045858
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat