食害性害虫に対する抵抗性素材の選抜・作出(100)

食害性害虫に対する抵抗性素材の選抜・作出(100)

課題番号1994002496
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間延H03〜H08
年度1994
研究問題寒冷地大規模水田農業における環境保全型高生産性技術の開発
大課題水田における病害虫の効率的管理技術の開発
中課題水田害虫の発生生態の解明と制御技術の開発
小課題食害性害虫に対する抵抗性素材の選抜・作出(100)
摘要イネ(日本晴)のプロトプラストにBTトキシン(殺虫性タンパク質)およびプロテアーゼインヒビター(消化酵素阻害タンパク質)の遺伝子を高発現プロモーターに連結し、除草剤(ビアラフォス)耐性の遺伝子(選抜マーカー)とともに電気穿孔法で導入し、培養後カルスを除草剤耐性で選抜し、これをホルモンを含まない培地に変えて再分化させ、植物体をえた。BTトキシンの遺伝子を導入したもので5クローン、プロテアーゼインヒビターの遺伝子を導入したもので11クローンの再分化植物がえられた。これらを順化させ、ニカメイガ等のイネ害虫に対する耐虫性を今後評価していく。
研究分担水田利用・水田虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045864
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat