湛水直播水田における病害の発生生態の解明と防除法の確立

湛水直播水田における病害の発生生態の解明と防除法の確立

課題番号1994002502
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間新H05〜H09
年度1994
研究問題寒冷地大規模水田農業における環境保全型高生産性技術の開発
大課題水田における病害虫の効率的管理技術の開発
中課題水田病害虫の複合的・総合的管理技術の開発
小課題湛水直播水田における病害の発生生態の解明と防除法の確立
摘要大区画圃場における噴頭回転式広幅散布機を利用した病害防除技術の開発を図るため、5年度は、現地圃場における病害の発生様相を調査した。生育初期〜中期を通じてばか苗病の発生は認められず、出芽後水面上に葉が展開せずに腐敗枯死した株は11〜13%に達していたものの苗腐敗病菌の関与はないと考えられた。また、葉いもち、穂いもちとも全体的に少発生であり、その他特に問題となるような病害の発生も認められなかった。一方、いもち病罹病株からいもち病菌を分離し、レース検定を行った結果、一般農家の品種ササニシキからはレース003及び033、試験田の品種どまんなかからはレース007が検出された。今後は引き続き湛水直播田における病害の発生消長を調査するとともに、広幅散布機を利用した粒剤による総合的体系防除技術の開発を図る。
研究分担水田利用・水田病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045870
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat