新殺線虫剤の線虫類に対する作用特性に関する研究(173)

新殺線虫剤の線虫類に対する作用特性に関する研究(173)

課題番号1994002537
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関農研セ
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題寒冷地畑作農業における持続的生産技術の開発
大課題畑作物の持続的安定化・高品質化のための生育環境条件の解明と生産技術の開発
中課題土壌病害虫の発生生態の解明と制御技術の開発
小課題新殺線虫剤の線虫類に対する作用特性に関する研究(173)
摘要新規に開発された殺線虫剤の線虫に対する作用特性と作物の生育に及ぼす影響を検討した。カーバムナトリウム塩30%液剤の40■/10a処理によるコンニャクのネコブセンチュウに対する殺線虫効果は、本線虫が極少発生のため判定が不可能であったが、薬害は認められなかった。同剤のゴボウのネグサレセンチュウに対する殺線虫効果は、対照のジクロルプロペン92%液剤の20■/10a処理よりもまさり、収穫まで低密度に抑え薬害もなく実用性が認められた。成果の受渡し先:委託者に成果報告書を提出し、薬剤登録のための試料となる。
研究分担畑地利用・畑病虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045905
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat