ハンドリング機構制御システムの開発(245)

ハンドリング機構制御システムの開発(245)

課題番号1994002546
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間完H04〜H05
年度1994
研究問題寒冷地畑作農業における持続的生産技術の開発
大課題畑作物の持続的安定化・高品質化のための生育環境条件の解明と生産技術の開発
中課題畑作物・野菜の安定生産のための高度機械化作業技術の開発
小課題ハンドリング機構制御システムの開発(245)
摘要圃場内での重量物ハンドリング作業の労働負担を軽減し、作業の快適化・自動化を進めるために、多様な農業資材に対応可能なハンドリング装置の開発を行った。試作したハンドリング装置は、野菜等を収納したコンテナや肥料袋を圃場内で収集・運搬するための自走式の車両であり、多関節形のアーム部、2本爪式および真空吸着式の交換可能な2種のハンド部、クローラ式の走行部およびけん引式の積載部で構成される。試作機を供試して手動で作業性を検討したところ、質量20〜60kgの対象物を容易に取り扱うことができ、1個当たりの作業時間は11〜15秒であった。画像処理技術、自動位置制御技術の開発にともなう制御装置の改良は今後の課題である。本研究は6年度以降、総合的開発研究〔軽労化農業〕中の課題REC−ID:N020501に移行して継続実施する。
研究分担水田利用・機械利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045914
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat