複合植生における輪換放牧利用技術(196)

複合植生における輪換放牧利用技術(196)

課題番号1994002556
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H03〜H12
年度1994
研究問題寒冷地草地畜産における生態系調和型生産技術の開発
大課題生態系に調和した草地の整備、管理、利用技術の開発
中課題草地の管理利用技術と肉用牛放牧技術の開発
小課題複合植生における輪換放牧利用技術(196)
摘要ペレニアルライグラス優占区(PRG区)とシバムギ優占区(シバムギ区)を通路で結び、肉用繁殖牛及び育成牛の混成群を放牧した結果、繁殖雌牛は草量が多く、草質の劣るシバムギ区における採食時間が長く、育成牛は草量が少なく、草質のよいPRG区における採食時間が長かった。放牧利用率は85〜93%で極めて高いが、滞牧期間中の体重は繁殖雌牛、育成牛いずれにおいてもほぼ維持されていた。またこの間の体重変動は前者では緩やかな低下傾向を示し、後者では前、中、後期で変動した。これらの結果から繁殖雌牛は育成牛に比べ低質な草に適応し、強放牧下でも体重を維持できることが明らかとなった。
研究分担草地・草地管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045924
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat