強害帰化植物の蔓延防止技術の開発(201)

強害帰化植物の蔓延防止技術の開発(201)

課題番号1994002561
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H05〜H08
年度1994
研究問題寒冷地草地畜産における生態系調和型生産技術の開発
大課題飼料作物の高位安定生産技術と高品質調製・貯蔵技術の開発
中課題飼料作物の高品質安定栽培技術の開発
小課題強害帰化植物の蔓延防止技術の開発(201)
摘要雑草の発生状況のアンケート調査を東北地域の全88普及所を対象に実施し、48普及所から回答を得た。発生草種は17科45種におよび、報告の多かったものは、イチビ、ヒルガオ類、アメリカオニアザミ、ヒユ類、オオオナモミ、ヒメジオン、ハルザキヤマガラシ、ハルジオン、カミツレモドキ、ヒレハリソウ、ワルナスビ、アカザ類、カラクサガラシ、アレチウリ、チョウセンアサガオ類、アメリカヤマゴボウ等であった。さらに、イチビについて、トウモロコシの連作畑では成熟して落下した種子等がロータリー耕等により作土層に均一に混和され、そして、主に表層の10cm程度の深さに分布する種子(全種子数の13%程度)が発芽して実生となることを明らかにした。
研究分担草地・飼料作物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045929
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat