肥育牛における大麦・らい麦サイレージの効率的給与技術の検討(241)

肥育牛における大麦・らい麦サイレージの効率的給与技術の検討(241)

課題番号1994002593
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間完H04〜H05
年度1994
研究問題寒冷地草地畜産における生態系調和型生産技術の開発
大課題大規模草地を基盤とした低コスト肉牛生産地域システムの開発
中課題中山間地域における粗飼料利用型肥育飼養システムの開発
小課題肥育牛における大麦・らい麦サイレージの効率的給与技術の検討(241)
摘要1年2作体系を活用するために、冬作物として生産される大麦・ライ麦サイレージの日本短角種肥育牛への給与効果を調べた。各肥育ステージにおける大麦・ライ麦の飼料中給与割合と1日当り増体量の関係は、前期−67%−0.82kg、中期−45%−1.02kg、後期−40%−0.81kgで、大麦・ライ麦サイレージの増体効果はトウモロコシサイレージよりも小さく、ソルガムサイレージと同程度であった。また、大麦・ライ麦サイレージとトウモロコシ・ソルガムサイレージを肥育ステージごとに使い分けた粗飼料多給型飼養体系(粗飼料割合50%)によって、24カ月齢で650kg以上の仕上げ体重が得られた。今後、大麦・ライ麦サイレージ給与と肉質の関係解明が残されている。本成果の一部は東北農業研究に発表した。
研究分担企連・総研2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045961
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat