遺伝子情報の編集と育種的利用のための情報処理システムの開発

遺伝子情報の編集と育種的利用のための情報処理システムの開発

課題番号1995000346
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H06〜H09
年度1995
研究問題生物種の多様性の解明とその保全
大課題生物資源情報の解析と管理・利用システムの開発
中課題生物資源データ管理・利用システムの開発
小課題遺伝子情報の編集と育種的利用のための情報処理システムの開発
摘要生物資源データは、対象とする生物種、データのカテゴリーが多く、データ量も大きい。とくにゲノムプロジェクトの研究成果などを受け、農業生物分野でのデータ構築は盛んである。現在、DNA塩基配列情報の編集により構築されているゲノム地図情報は、主に生物種ごとに分担、作成されており、国内、海外に分散して存在している。これらを収集し、一元的に閲覧できる方法を開発・適用するとともに、利用者が利用しやすい環境を整備する。6年度は、ACeDB形式の10データベースを収集した。7年度は、未収集のデータベースを調査収集するとともに、未公開のデータをネットワークサーバで提供できるシステム作りを行う予定である。
研究分担遺資二・DNA管理
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046034
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat