アズキ種子タンパク質の分析(153)

アズキ種子タンパク質の分析(153)

課題番号1995000363
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H05〜H08
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題生体高分子の構造と機能の解明
中課題核酸・タンパク質・酵素及び糖質の構造と機能の解析
小課題アズキ種子タンパク質の分析(153)
摘要アズキ種子タンパク質を2次元電気泳動法によって分離し、それぞれの分離されたタンパク質のアミノ酸配列を調べた。大部分のタンパク質はエンドウのビシリンとホモロジーがあり、糖タンパク質であることがわかった。また、解析されたアミノ酸配列をもとに、ペプチドを合成し、特異的な抗体を作ることができた。
研究分担分子育種・適応遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046051
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat