超高磁場NMRと分子シミュレーションによる生体超分子の動的構造―機能相関の研究

超高磁場NMRと分子シミュレーションによる生体超分子の動的構造―機能相関の研究

課題番号1995000380
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題生体高分子の構造と機能の解明
中課題生体分子集合体及び生体膜の構造と機能の解析
小課題超高磁場NMRと分子シミュレーションによる生体超分子の動的構造―機能相関の研究
摘要750MHzNMRと分子シミュレーションを駆使して、生体超分子と各構成分子単体について溶液構造と動的挙動を解析し、生体機能とその発現機構を分子論的に解明するとともに、分子の立体構造と運動性に立脚した次世代のバイオテクノロジーのための基礎的知見を得ることを目指す。7年度は、本研究課題の遂行上必要な方法論の確立を目指す。8年度は、開発した新方法論を実際の研究対象生体超分子系に適用し、分子認識機構を原子レベルで解明するとともに、生体超分子の動的構造と機能の相関を解析する。9年度は、生理活性・機能の発現機構をモデル化し、新機能化合物、高活性高選択性化合物の分子設計を行う。
研究分担機能開発・窒素代謝研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046068
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat