イネ初期胚由来cDNAクローンの大量解析

イネ初期胚由来cDNAクローンの大量解析

課題番号1995000385
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題遺伝子・染色体及びゲノムの構造と機能の解明
中課題ゲノム構成の解析と遺伝子分子地図の作製
小課題イネ初期胚由来cDNAクローンの大量解析
摘要イネのゲノム全体を理解するためには、イネで発現している全ての遺伝子を単離し、整理する努力が必要である。全ての遺伝子を網羅するためは、イネの様々な生育段階の様々な組織から単離したmRNAからcDNAを合成する必要がある。ここでは、イネの初期胚を用いる。7年度には、イネの生育と初期胚の単離およびライブラリーの作成を行う。8年度には、作成されたライブラリーから2000クローン以上の部分塩基配列を決定する。9年度には、残り2000クローン部分塩基配列決定を行い、既存のデータベースに対して類似性検索で、機能の推定を行う。これによりイネcDNAクローンのカタログが構築できる。
研究分担企画調整・ゲノム研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046073
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat