ミトコンドリア及び葉緑体ゲノムと核ゲノムとの間における相同配列の解析(159)

ミトコンドリア及び葉緑体ゲノムと核ゲノムとの間における相同配列の解析(159)

課題番号1995000421
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題細胞の構造と機能の動的特性の解明
中課題細胞及びオルガネラの構造と相互応答機構の解析
小課題ミトコンドリア及び葉緑体ゲノムと核ゲノムとの間における相同配列の解析(159)
摘要葉緑体DNAをプローブとして、核ゲノムと相同性を示す配列の有無、およびその配列のイネ連鎖地図上へのマッピングを行った。プローブにはイネ葉緑体の全長135kbを含む様々な長さのDNA断片から調製した13種のプローブを用いた。ECL検出システムを用いて日本晴とKasalathの全DNAに対してサザンブロット解析を行った。ハイブリ条件、洗浄条件を変化させ、特異的なシグナルを得る条件を検討した。プローブP9は優勢に、プローブE10は共優勢に分離し、それぞれ第3染色体と第12染色体に位置付けられた。プローブP1、P2、P6、P7においては核ゲノムとの相同性を示すシグナルは検出できなかった。
研究分担分子育種・核外遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046109
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat