病害抵抗性関連遺伝子の構造と機能の解明(100)

病害抵抗性関連遺伝子の構造と機能の解明(100)

課題番号1995000432
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題細胞の構造と機能の動的特性の解明
中課題細胞における遺伝的修飾機構の解析
小課題病害抵抗性関連遺伝子の構造と機能の解明(100)
摘要これまでにイネ(日本晴)懸濁培養細胞を用いて、イネイモチ病細胞壁に由来するキチンオリゴマーのエリシター作用を分子生物学的に解析してきた。エリシター処理1時間後には特定のイネ遺伝子が活性化されることが、抽出した全メッセンジャーRNAの試験官内翻訳、その産物の2次元電気泳動法とオートラディオグラフィーによって明らかとなった。そこでこれらの活性化される遺伝子の性状を明らかにするためさらに詳細な解析を行ったところ、エリシター処理15分後に少なくても2種の遺伝子が活性化されることが明らかとなり、それらをサブトラクション法によってcDNAとして単離することに成功した。
研究分担機能開発・特殊生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046120
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat