励起光分光分析による作物葉の光化学反応系の構造の解析(64)

励起光分光分析による作物葉の光化学反応系の構造の解析(64)

課題番号1995000452
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H06〜H10
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題生理機能の分子機構の解明
中課題エネルギー変換及び物質代謝制御機構の解析
小課題励起光分光分析による作物葉の光化学反応系の構造の解析(64)
摘要水稲を中心とする作物葉の光化学反応系の環境(水、温度、CO2など)に対する反応を非破壊的に解析する。6年度は光化学系Iについて、レーザーで誘導される蛍光、及び、生葉における表面から内部への光の勾配と蛍光の分布をOMA及び蛍光イメージング装置で解析した。レーザー光を照射した時に長波長(720nm〜800nm)において観測される蛍光は光化学反応系Iの状態をモニターするための指標として有効である事が693nmのダイオードレーザー装置とクロリナミュータントを用いた測定で明らかになった。また、葉内において光化学反応系IIから放出された蛍光は光化学反応系Iによって再吸収され、光化学反応の効率を高めている事が明らかとなった。
研究分担機能開発・光合成研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046140
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat