微生物の水素代謝系機能の解析とその利用(103)

微生物の水素代謝系機能の解析とその利用(103)

課題番号1995000458
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
他機関東京大学【池袋一典;矢野和義;軽部征夫】
研究期間継H04〜H11
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題生理機能の分子機構の解明
中課題エネルギー変換及び物質代謝制御機構の解析
小課題微生物の水素代謝系機能の解析とその利用(103)
摘要微生物によるエネルギー変換(水素生産)機能および窒素固定機能の改良に資するため、水素代謝に関わる遺伝子の同定と機能解析を行うことを目的とする。6年度はこれまで未同定であった大腸菌ゲノム上hypF(hydA)からgutQに至る領域の塩基配列を決定した。塩基配列から予想されるオープンリーディングフレームのアミノ酸配列についてデータベースと相同性検索を行った結果、電子伝達系の酸化還元酵素、膜蛋白などとの部分的な相同性が見いだされた。このことから今回同定された領域には水素代謝の電子伝達に関わる遺伝子が複数存在することが示唆された。
研究分担機能開発・微機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046146
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat