葉の形態分化と光呼吸特性の発現制御機構

葉の形態分化と光呼吸特性の発現制御機構

課題番号1995000470
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題生理機能の分子機構の解明
中課題生殖及び発生機構の解明
小課題葉の形態分化と光呼吸特性の発現制御機構
摘要生育環境の違いにより光合成型や組織形態を変化させるエレオカリスをモデル植物として、葉の形態分化と光呼吸特性の発現制御機構を解析する。特にC3型とC4型の光呼吸特性の違いの鍵を握っているとされるグリシン・デカルボキシラーゼ(GDC)の発現制御とKranz anatomyの形成との関係を検討する。7年度は、異なった光合成組織の形態を示すエレオカリスの陸生型と水生型について、光呼吸関連酵素の活性レベルを測定する。また、GDCの細胞間局在性を免疫電子顕微鏡法により検討する。8年度、9年度は、GDC遺伝子の単離と構造解析を行うとともに、組織特異発現の機構を解析する。
研究分担機能開発・発育生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046158
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat