オカヒジキ葉液胞膜Na+/H+アンチポート活性の特性解明(91)

オカヒジキ葉液胞膜Na+/H+アンチポート活性の特性解明(91)

課題番号1995000475
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H04〜H07
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題生理機能の分子機構の解明
中課題環境応答機構の解析
小課題オカヒジキ葉液胞膜Na+/H+アンチポート活性の特性解明(91)
摘要塩生植物であるオカヒジキ葉の液胞型Na+/H+アンチポーターの同定を拮抗阻害剤であるアミロライド誘導体(3H−NメチルNイソブチルアミロライド)の光標識により行った。Na+あるいはヘキサメチレンアミロライドの存在する拮抗条件で標識が阻害される電気泳動上のバンドを調べた。最も有望な候補として61kDaのペプチドが挙げられた。可溶化した液胞膜タンパクの活性測定には、プロトンポンプを同時に組み込んだ再構成系が必須である。オカヒジキ葉液胞型ピロフォスファターゼをプロトンポンプとして、可溶化したのち分画された液胞膜タンパクと再構成し、アンチポーター活性を検出した。
研究分担機能開発・化学耐性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046163
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat