ストレス誘導性タンパク質遺伝子の発現制御機構の解明

ストレス誘導性タンパク質遺伝子の発現制御機構の解明

課題番号1995000481
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H06〜H15
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題生理機能の分子機構の解明
中課題環境応答機構の解析
小課題ストレス誘導性タンパク質遺伝子の発現制御機構の解明
摘要ストレス誘導性タンパク質遺伝子発現の情報伝達系を明らかにすることにより、耐病性、耐ストレス植物作出に資することを目的とする。6年度は傷で特異的に誘導されるタバコプロテイナーゼインヒビターのcDNAをPCRにより調製し、これをプローブとしてノーザン解析を行うことにより、その特性を調べた。その結果、タバコにおいても、傷により本遺伝子の全身的誘導が起こることが明らかになった。7年度には本遺伝子について、さらにその特性解析を進める。何が、傷のシグナルとして働くのかがこれからの課題となる。
研究分担分子育種・抵抗遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046169
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat