生殖生長期冷温傷害に関与すると思われるイネ葯β−1、3−グルカナーゼの機能解析

生殖生長期冷温傷害に関与すると思われるイネ葯β−1、3−グルカナーゼの機能解析

課題番号1995000486
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H06〜H08
年度1995
研究問題生物機能の分子機構の解明
大課題生理機能の分子機構の解明
中課題環境応答機構の解析
小課題生殖生長期冷温傷害に関与すると思われるイネ葯β−1、3−グルカナーゼの機能解析
摘要分子機構に基づいた効率的選抜法や遺伝子導入による高度耐冷性イネの作出には、穂ばらみ期冷温傷害の分子機構が解明される必要がある。イネの最高冷温感受性期である四分子細胞から小胞子細胞が遊離する時期に作用する葯β1,3−グルカナーゼの活性発現機作を解析する。タバコ葯β1,3−グルカナーゼの塩基配列から保存された領域のDNAをPCRにより増幅し、これをプローブにイネ葯のpolyA+−RNAを鋳型に合成したcDNAライブラリーをスクリーニングした。
研究分担機能開発・化学耐性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046174
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat