マイクロダイセクショニングによる染色体特定部位の単離と解析(144)

マイクロダイセクショニングによる染色体特定部位の単離と解析(144)

課題番号1995000504
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H06〜H09
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題生体分子工学的技術の開発
中課題遺伝子・染色体操作技術の開発
小課題マイクロダイセクショニングによる染色体特定部位の単離と解析(144)
摘要既に染色体サイズの大きいオオムギの染色体特定領域における17S rDNAの増幅に成功しているが、今回これを参考に5S rDNAの増幅を検討した。播種後3日目のイネ根端を固定後、ペクトリアーゼおよびセルラーゼを用いる酵素解離法により染色体標本を作成した。レーザーマイクロビームにより余分な核、核板を除去したのち、目的核板をマイクロチューブに移し、プロテネーズ等を含む反応液を加え、55℃、3時間処理した。この反応液を鋳型としてPCR反応を行った結果、静止期1核および分裂期中期染色体1核板を鋳型として用いた場合においても、目的とする5S rDNAの増幅が確認された。
研究分担分子育種・核外遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046192
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat