生理活性ペプチドのデザインと合成

生理活性ペプチドのデザインと合成

課題番号1995000508
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H06〜H10
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題生体分子工学的技術の開発
中課題タンパク質・糖鎖改変技術の開発
小課題生理活性ペプチドのデザインと合成
摘要天然ペプチドやランダムプールをベースに生理活性や安定性を高めるためのデザインを行い、合成/発現系を構築する。6年度は乳蛋白質のラクトフェリンをペプシンで分解してできる抗菌性ペプチドであるラクトフェリシンについて機能部位と立体構造の関係を検討した。7年度は、ウシラクトフェリシンを効果的にタバコで発現させるためのデザインを行い遺伝子を合成する。また、カゼイン由来のペプチドについても検討する。以後、タバコへの遺伝子導入、形質転換体の解析、検定と進めていく。
研究分担分子育種・遺子情報研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046196
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat