単子葉植物における細胞培養系作出・安定化技術の確立−ムギ類(203)

単子葉植物における細胞培養系作出・安定化技術の確立−ムギ類(203)

課題番号1995000509
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H05〜H07
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題細胞工学的技術の開発
中課題全能性の高度利用技術の開発
小課題単子葉植物における細胞培養系作出・安定化技術の確立−ムギ類(203)
摘要6年度は、エレクトロポレーションによるプロトプラストへの遺伝子導入条件について検討するとともに、パーティクルガンを用いた未熟胚細胞への直接遺伝子導入による形質転換植物体の作出を試みた。まず、GUS遺伝子の一過性発現によりエレクトロポレーションの条件を調べた結果、パルス時定数:50msec、パルス電界強度:300ボルト/cm、プラスミドの強度:100ugの時、GUS遺伝子の発現は最も高く、同法による最適導入条件を明らかにすることができた。また、パーティクルガンによる形質転換植物体の作出については、pARK22(ビアラフォス耐性遺伝子)の場合、2020個の未熟胚からビアラフォス耐性のシュートが80個得られ、そのうち15個体が完全な植物体になった。7年度は、これらの植物体について遺伝子解析を行う予定である。
研究分担細胞育種・細胞操作研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046197
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat