放射線誘発突然変異遺伝子の構造変化の研究(229)

放射線誘発突然変異遺伝子の構造変化の研究(229)

課題番号1995000520
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完H01〜H06
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題放射線育種技術の開発
中課題放射線突然変異の分子機構の解明
小課題放射線誘発突然変異遺伝子の構造変化の研究(229)
摘要放射線照射や種々の化学変異剤処理により、イネ種子中のアミロース含量が変化した種々の突然変異体が得られている。これらの形質発現の違いは、mRNAが合成されない転写レベルでの変異、mRNAは合成されるがタンパク質が合成されない翻訳レベルでの変異、およびmRNAもタンパク質も合成されるがアミロースが合成されないタンパク質構造の変化の3種の変異が示唆された。そこでWxタンパク質発現量の少ない変異体4系統、アミロース含量の低い変異体3系統及び在来のモチ系統であるアカモチより、それぞれのWx geneをクローン化し、塩基配列決定による突然変異部位の特定を試みた。その結果、アカモチの第12イントロン部位に2塩基の欠失が発見された。
研究分担放育・放育法1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046208
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat