突然変異と遺伝子組み換えによる遺伝子機能の解析(231)

突然変異と遺伝子組み換えによる遺伝子機能の解析(231)

課題番号1995000521
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H02〜H07
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題放射線育種技術の開発
中課題放射線突然変異の分子機構の解明
小課題突然変異と遺伝子組み換えによる遺伝子機能の解析(231)
摘要突然変異体は遺伝子機能の解明の材料として極めて有用であることから、自家不和合性の分子機構の解明のため、5年に引き続きアブラナ科植物を材料とし、自家不和合性遺伝子の突然変異体作出を試みた。ガンマーフィールドで照射したハクサイの複半数体系統を材料とし、突然変異遺伝子についてホモの個体を得るため、葯培養して植物体を得た。得られた植物のうち、約半数が半数体で残りが2倍体または4倍体の形態を示した。それらを自家受粉し花粉管観察を行い不和合性の弱い植物体を選抜し、自殖種子を得た。これらが自家和合性突然変異体かどうかを明らかにするためには、次代の評価を行う必要がある。
研究分担放育・放育法1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046209
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat