AM毒素耐性リンゴの細胞選抜と解析(217)

AM毒素耐性リンゴの細胞選抜と解析(217)

課題番号1995000526
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完H04〜H06
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題放射線育種技術の開発
中課題放射線利用による新生物資源創出技術の開発
小課題AM毒素耐性リンゴの細胞選抜と解析(217)
摘要リンゴ斑点落葉病に高感受性の‘印度’を用いて、培養シュートに線量率2.5および5.0Gy/hで総線量80Gyのガンマ線照射を行った。VM3世代まで増殖してから、VM3〜VM7世代までの5回にわたってin vitroで耐病性検定を行った。その結果、線量率5.0Gy/hの処理区のVM6世代で耐病性個体を得ることが出来た。本研究で確立したリンゴ斑点落葉病のin vitroの選抜手法は、他の高感受性品種において利用可能であるとともに、得られた耐病性個体は、斑点落葉病感染機構解明の研究材料として、また育種における交雑親としての利用が考えられる。
研究分担放育・放育法2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046214
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat