亜熱帯作物の突然変異誘発に関する育種方法の開発(218)

亜熱帯作物の突然変異誘発に関する育種方法の開発(218)

課題番号1995000527
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H06〜H13
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題放射線育種技術の開発
中課題放射線利用による新生物資源創出技術の開発
小課題亜熱帯作物の突然変異誘発に関する育種方法の開発(218)
摘要バナナは雌性不稔性の不結実性果実であり、交雑育種が困難なため突然変異育種法の開発が不可欠である。品種「三尺種」を用いて多芽体誘導の培養法を検討した結果、MS培地にBA5mg/lおよびNAA2mg/lあるいはIAA5mg/lの添加が最適であった。また、茎の伸長及び発根にも最適の培地を確定した。ガンマ線照射による多芽体の反応について、明らかに線量率に依存しており、線量率が高まれば多芽体の致死線量は急速に低下した。突然変異誘発の適正照射線量は、線量率2Gy/hrでは総線量40〜80Gy、8Gy/hrでは20〜40Gy、64Gy/hrでは、10Gy程度を目安にする。
研究分担放育・照射法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046215
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat