イネ品種内多重標識系統の作出と利用

イネ品種内多重標識系統の作出と利用

課題番号1995000531
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完S63〜H06
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題放射線育種技術の開発
中課題放射線利用による新生物資源創出技術の開発
小課題イネ品種内多重標識系統の作出と利用
摘要突然変異育種においては、得られた変異体が新たに誘発した突然変異によるものか変異系統の花粉の混入によるものかを判別することが重要である。このため、マーカーとなる遺伝子を有する系統を突然変異誘発の材料とすることが有効で、イネでは淡緑葉やモチ等の変異形質をマーカーとして利用してきた。新たに白穂の突然変異体や登熟期でも葉が黄化しない突然変異体を作出し、これらの特性もマーカーとして有効であることを明らかにした。また、これらの変異を組み合わせた多重標識系統を作出するとともに、これらのマーカーを利用して種子タンパク質突然変異系統を多数得た。
研究分担放育・放育法1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046219
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat