半数体利用による効率的突然変異誘発技術の開発

半数体利用による効率的突然変異誘発技術の開発

課題番号1995000535
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H07〜H11
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題放射線育種技術の開発
中課題放射線利用による新生物資源創出技術の開発
小課題半数体利用による効率的突然変異誘発技術の開発
摘要半数体は1ゲノムであるために突然変異が処理当代に現れる。また突然変異を起こした半数体を倍化すれば固定に要するコストの大幅な低減が可能となる。7〜8年度にかけては半数体を大量に得るための葯培養系、偽受精半数体誘発系の開発を行う。9〜10年度にかけては半数体に対する最適な変異原の処理法を明らかにすると同時に倍化処理法を確立する。11年度に突然変異誘発処理、倍化処理を行い、固定した突然変異体を大量に得る。
研究分担放育・照射法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046223
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat