イネ胚乳の形成機構の解明に関する研究

イネ胚乳の形成機構の解明に関する研究

課題番号1995000541
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題生物機能システムの総合制御技術の開発
中課題有用機能の効率的発現制御技術の開発
小課題イネ胚乳の形成機構の解明に関する研究
摘要イネ種子で制限アミノ酸となっているリジンを補強した改変グリシニン遺伝子を高度にイネ胚乳組織で発現している形質転換体イネの作出を目指す。7、8年度には胚乳組織特異的発現に必須なシスエレメントやエンハンサー配列を同定し、プロモーターの強化を行う。8、9年度にはダイズ貯蔵タンパク質のグリシニン遺伝子を改良し高リジングリシニン遺伝子を構築すると共に、高度胚乳特異的プロモーターに繋ぎ、イネに遺伝子導入し形質転換体イネを作出する。最終年度(9年度)には作出したイネ種子の品質を評価する。このようにして作出されたイネ種子は新機能を持った育種素材として利用されることが期待される。
研究分担細胞育種・細胞情報研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046229
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat