イネに導入したプロモーター及びマーカー遺伝子の安全性評価(238)

イネに導入したプロモーター及びマーカー遺伝子の安全性評価(238)

課題番号1995000546
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完H05〜H06
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題生物機能システムの総合制御技術の開発
中課題組換え体の安定化技術及び安全化技術の開発
小課題イネに導入したプロモーター及びマーカー遺伝子の安全性評価(238)
摘要とうもろこしのPEPC及びPPDK遺伝子のプロモーターとGUS遺伝子を結合したキメラ遺伝子をイネに導入した。その結果、GUS活性は光合成活性をもつ葉身、葉鞘で高かったが、可食部である胚乳や茎では検出されなかった。従って、両プロモーターはイネにおいても組織特異的な発現をする能力を維持しており、可食部非発現プロモーターとして利用できることが明らかとなった。
研究分担機能開発・炭素代謝研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046234
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat