オリザシスタチン遺伝子導入による虫害抵抗性ダイズの作出(172)

オリザシスタチン遺伝子導入による虫害抵抗性ダイズの作出(172)

課題番号1995000549
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完H05〜H06
年度1995
研究問題新生物資源創出のための生物工学的技術の開発
大課題生物工学による新生物資源の創出
中課題新作物育種素材の創出
小課題オリザシスタチン遺伝子導入による虫害抵抗性ダイズの作出(172)
摘要形質転換ダイズのキメラを解消するための不定芽再分化系の再検討を行った。品種ボンミノリの子葉基部と下胚軸を用い、不定芽形成率を指標にして、前培養(無菌播種)と本培養(再分化)の基本培地及びTDZとBAの濃度の比較を行った。再分化培地におけるTDZ濃度が2mg/lの時に下胚軸、子葉基部ともに最も高い不定芽形成率を示した。また子葉基部よりも下胚軸で、より多くの多芽体が形成され、その時のTZT濃度は1−2mg/lであった。得られた培養条件を用いて、アグロバクテリウムによる形質転換を試みたところ、感染率は下胚軸よりも子葉基部で高かった。
研究分担分子育種・適応遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046237
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat