キャベツ収穫機の開発(20)

キャベツ収穫機の開発(20)

課題番号1995004089
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間完H05〜H06
年度1995
研究問題低コスト農業の確立と安全で快適な農作業のための技術開発
大課題農業機械の高性能化のための技術開発
中課題園芸・特用作物用機械の高性能化に関する研究
小課題キャベツ収穫機の開発(20)
摘要5年度試作の1号機を改良するとともに、愛知県、岩手県等23箇所で適応性の検討を行った。キャベツの引き抜きから切断、積込みまでの工程は円滑であり、多くの品種や栽培条件への適用性が認められた。通常、0.2m/s前後の速度で作業が行え、好適な条件では1秒に1個の速度(約0.3m/s)で収穫が可能であった。改良型の2号機は、8箇所で試験を行った結果、1号機と同等以上の性能が得られ、作業時の安定性、取扱い性も向上した。多くの場合、収穫されたキャベツの95%以上は出荷可能であり、機械的損傷や切り口の汚損は少なかった。コンテナには110〜150個のキャベツが収納でき、コンテナ利用の体系では、作業能率3.0a/h、圃場作業効率61%の作業性能が得られた。以上、研究目標を満たす性能が得られた。
研究分担園芸工学・野菜生産研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046281
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat