果実品質評価技術の開発−複合的センシングによる内部品質判定装置の開発

果実品質評価技術の開発−複合的センシングによる内部品質判定装置の開発

課題番号1995004127
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間新H07〜H09
年度1995
研究問題農産物の高品質化のための技術開発
大課題農産物の品質評価のための技術開発
中課題園芸・特用作物の品質評価に関する研究
小課題果実品質評価技術の開発−複合的センシングによる内部品質判定装置の開発
摘要複合的センシングにより、ニホンナシのみつ症、晩柑類のスアガリなど、果実の内部品質及び内部障害を評価判定する技術を開発する。ニホンナシのみつ症については、局部的光透過の複数部位の測定データや振動測定データ等を利用した検出方法について検討を加える。また、晩柑類のスアガリについては、比重計測法等の検出手法について検討を加える。その他の果実についても適用性を調査する。
研究分担園芸工学・調製研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046319
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat