永年草地用除草ロボットの開発(66)

永年草地用除草ロボットの開発(66)

課題番号1995004142
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間継H05〜H09
年度1995
研究問題先端技術実用化のための技術開発
大課題自動化・ロボット化のための技術開発
中課題ロボット化に関する研究
小課題永年草地用除草ロボットの開発(66)
摘要草地内に点在する雑草を自動的に識別し、選択的処理を行う作業機を開発することを目標とする。対象とする雑草は、当面、エゾノギシギシ(以下Rx)とし、刈取り後のRx株の再生速度や、植物体の表面温度や分光反射率の測定等を実施し、識別のための資料を蓄積した。再生速度を調査した結果、除草作業は、その年の最終収穫作業後に行うのが妥当ではないかと思われた。また、植物体の表面温度は、日射量や風の有無等によって大きく変動することから、表面温度によるRx識別は、周囲条件の均一化を図らない限り困難であると判断された。一方、多目的分光放射計による分光反射率の測定結果から、牧草類とRxとを識別できる可能性があることが判った。
研究分担畜産工学・飼生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046334
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat