コンバインの穀粒口サンプル処理の省力化(90)

コンバインの穀粒口サンプル処理の省力化(90)

課題番号1995004162
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題農業機械の研究開発のための支援技術の充実
大課題農業機械の試験法、評価法の開発及び高度化
中課題農業機械の検査、鑑定のための試験法、評価法の開発及び高度化
小課題コンバインの穀粒口サンプル処理の省力化(90)
摘要6年度は穀粒口サンプルから夾雑物を選別するために、唐箕の利用と反発方式(穀粒と夾雑物の反発係数の違いを利用した方式)について検討した。唐箕では、夾雑物が1、2番口にも混入して選別が困難であった。一方、サンプルを傾斜した鉄板上に落下・反発させると穀粒と夾雑物の飛散距離に差が生じ、鉄板の傾斜角度、サンプルの落下高さ及び供給流量を適正に設定すれば、反発方式で夾雑物を省力的に選別できる可能性があることを確認した。
研究分担評価・作2室
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046354
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat