農用運搬機用安全フレームの静的強度試験方法の研究(91)

農用運搬機用安全フレームの静的強度試験方法の研究(91)

課題番号1995004163
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間継H06〜H08
年度1995
研究問題農業機械の研究開発のための支援技術の充実
大課題農業機械の試験法、評価法の開発及び高度化
中課題農業機械の検査、鑑定のための試験法、評価法の開発及び高度化
小課題農用運搬機用安全フレームの静的強度試験方法の研究(91)
摘要農用運搬機用安全フレームの開発・導入を促進するため、その静的強度試験方法を策定する。6年度は、農用運搬機の普及状況、構造、事故実態及び諸外国の試験方法等の文献を調査・検討し、試験方法策定にあたっての主な方針を次の通り整理した。(1)フレームを装着する運搬機は、乗用及び乗用・歩行兼用機とする。(2)試験用フレームを装着した運搬機を供試し実際に転倒試験を行い、その時にフレームが吸収したエネルギと車体質量の関係を求める。(3)転倒の方向は斜め前方または側方とし、それが容易に再現できるASAEテストコードの側方転倒試験方法に準拠した転倒試験路を用いて転倒試験を行う。(4)転倒試験は、最大積載状態で行う。
研究分担評価・安全室
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046355
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat