担い手の条件に対応した野菜産地の形成計画に関する研究(5)

担い手の条件に対応した野菜産地の形成計画に関する研究(5)

課題番号1995002671
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間完H04〜H06
年度1995
研究問題地域農業の発展方向の解明と地域農産物の流通システムの確立
大課題地域農業の動向予測と地域農業・農村計画の策定
中課題農村社会の継承方式と地域計画策定方策の解明
小課題担い手の条件に対応した野菜産地の形成計画に関する研究(5)
摘要これまで実証的分析が十分なされていない野菜指定産地の参入退出行動に着目して、生存分析法の適用等により、その持続性に作用する産地属性及び市場構造要因について解析した。その結果、重量露地野菜産地では、その持続性が低下する傾向にある。これは、担い手の賦存状態が産地の持続性を大きく作用する状況が明確化してきていることを示している。中国中山間地域における解除産地についてその状況をみると、重量露地野菜から次第に軽量施設化への品目シフトが進行している。品目シフトを伴う解除産地の増加傾向は、指定産地の機能と実際の産地行動とのかい離が拡大することを意味しており、今後面積要件等の再検討の必要性が生ずることを示している。
研究分担地域基盤・地域計画研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046364
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat