小産地における高収益営農システムの策定(26)

小産地における高収益営農システムの策定(26)

課題番号1995002690
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H06〜H10
年度1995
研究問題地域農業の発展方向の解明と地域農産物の流通システムの確立
大課題地域農業の営農システムの確立
中課題軽作業を主体とした小産地型高収益生産システムの確立
小課題小産地における高収益営農システムの策定(26)
摘要岡山県真庭地域において、技術導入の前提となる野菜作農家の経営動向を調査した結果、ダイコン生産農家は2ha以下の小規模経営が多く、主生産者は40〜60才代がほとんどであった。さらに、雇用労働の導入実態について、農業への従事状況(専兼業、専従者数)、導入作物(家畜)、経営類型、経営規模、農業機械所有状態との関連を明らかにした。引き続き同地域における労働力調整について解明するとともに、新技術導入を考慮した野菜作経営モデルのプロトタイプを作成する。
研究分担企連・総研1
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046383
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat