畑地における造網性クモ類の種類相と季節消長の調査(63)

畑地における造網性クモ類の種類相と季節消長の調査(63)

課題番号1995002720
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間完H05〜H06
年度1995
研究問題生態系に調和した耕地環境の管理技術の確立
大課題病害虫の発生機構の解明と総合防除技術の開発
中課題害虫の発生機構の解明と生物的制御技術の確立
小課題畑地における造網性クモ類の種類相と季節消長の調査(63)
摘要農業生態系におけるクモの捕食者としての役割は未解明の部分が多く、ことに畑地ではその研究が遅れている。そこでクモの種類相、密度及びそれらの季節消長を調査し、害虫管理の基礎資料を得ることとした。採集した造網性のクモは、ヒメグモ科、コサラグモ科、コガネグモ科、アシナガグモ科に属していた。調査した結果、クモの種類数、密度ともに小さく、アシナガグモの幼体が散見されただけであった。これらの結果からキャベツ畑においてはクモは害虫防除上、重要な働きはしていないと言える。残された問題として今後は草丈の高い作物での調査が必要である。
研究分担生産環境・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030046413
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat